WEB予約

電話マーク

電話予約

メニュー

画像内容説明テキスト

自律神経失調症

自律神経失調症に一人で悩みを
抱えていませんか

原因不明の頭痛やめまいは、もしかしたら自律神経失調症が原因かもしれません。

自律神経失調症の原因は、不規則な生活習慣で自律神経が興奮し続けることや、社会的・人間関係などのストレス、更年期におけるホルモンの乱れ、先天的要因などが挙げられます。

これから自律神経失調症の症状や原因、改善法について詳しくご紹介します。

目次

自律神経失調症でよくあるお悩み

  • 頻繁に頭痛やめまいが生じる
  • 寝ても身体のだるさがとれない
  • いつもイライラや不安感がある
  • 肩こりや腰痛が慢性化している

原因不明の頭痛やめまいは、
自律神経に関係が
あるかも知れません。

「最近、原因不明の頭痛やめまいが多い」「身体がだるく寝ても疲れがとれない」
これらの症状は、自律神経に関係があるかも知れません。
ここでは自律神経失調症の原因、症状について詳しくご説明します。

自律神経失調症とは

自律神経は、交感神経副交感神経という2つに分かれています。

自律神経失調症は、2つが神経が崩れ、さまざまな身体の不調を起こす病気です。

交感神経は身体を活発に動かす時に働き、副交感神経は身体を休める時に働きます。
この2つが互いにバランスをとりながら身体の状態を調節していますが、このバランスが崩れると不眠だるさ頭痛めまいなどの症状が生じます。

医療機関での検査では異常がみられない、薬を飲んでいるにも関わらずなかなか良くならないことが多いです。

自律神経失調症の原因

「ホルモンバランスの乱れ」による影響に分けられます。

●精神的

・ストレス

仕事や人間関係などの日常生活における些細なストレスが重なると自律神経が乱れやすくなります。

・緊張

仕事や試験などで感じるプレッシャーで、極度な緊張状態になり交感神経が優位になります。

・過労

過重労働など、心も身体も休めない状態が続くことも自律神経の乱れにつながる場合があります。

●生活習慣・環境

・不規則な生活

昼夜逆転の生活、食生活など不摂生を続けていると、身体のリズムが崩れて、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかないことがあります。

・気圧の変化

気温や気圧の変化に対応するため、自律神経は身体の機能を整えようと働きます。

とくに季節の変わり目などは自律神経が乱れやすいといわれています。

●ホルモンバランスの乱れ

・更年期障害

更年期障害は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。
そのホルモンバランスの変化によって自律神経の乱れが生じやすくなります。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は、精神的ストレスなどにより「交感神経優位」になる状態で起こるもの、自律神経のバランスが崩れて「筋肉の緊張」を及ぼすもの、「ホルモンバランスの乱れ」など、さまざまな症状が出ます。

●交感神経優位

頭痛:「片頭痛」や「緊張性頭痛」などが生じることがあります。
不眠:眠る際に交感神経が優位に働いている状態で起こります。
下痢、便秘:緊張したり不安など精神的ストレスで腸が過敏に反応することにより起こります。
冷え:体温をコントロールしている自律神経のバランスが崩れて起こります。
めまい:交感神経が優位になると血管が収縮し、その状態が長く続くと耳や脳ヘ酸素や栄養が十分に行き渡らず、めまいを起こります。

●筋肉の緊張

耳鳴り:身体が緊張しやすい状態になると、耳の近くの筋肉も緊張してしまい、痙攣を起こしやすくなります。
肩こり:筋肉も緊張し、こりを感じやすくなります。

●ホルモンバランスの崩れ

生理不順:疲労やストレスによるホルモンバランスの乱れにより起こります。

自律神経失調症の
対処法と予防法

自律神経失調症の対処法

<身体の対処法>

●睡眠の質を高める

睡眠時間がしっかりとれない方でも、寝る前にリラックスできる音楽を聴く、寝る前のスマホを控えて質の高い睡眠をとれるように目指しましょう。

●姿勢を良くする

自律神経は、脳の下垂体と呼ばれる器官でホルモン分泌を制御することによって正常な働きを保っています。
しかし、猫背など長時間の不良姿勢が続くと、脳への血流が悪くなり正常な働きを維持することが難しくなります。

そのため、長時間のスマホ作業やデスクワークなどが多い方は、正しい姿勢をつくることを意識しましょう。

<心の対処法>

●楽しいと思える時間を5分作る

読書入浴散歩談笑などリラックスして、落ち着ける時間を作りましょう。
5分でも一息つける瞬間があれば、気持ちの変化に繋がります。

●ご自身を褒めてあげる

プレッシャーやストレスが強いと、なかなかご自身を見つめることを見失ってしまいます。
今日、頑張ったご自身を褒めて緊張感から解放する時間をつくるようにしましょう。

自律神経失調症の予防法

●バランスの取れた食事

バランスの悪い食事や不規則な時間の食事は、自律神経の乱れにつながりやすくなります。
そのため、食事の際は次のようなことを意識しましょう。

・1日3食決まった時間に食事をする
・炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン類・ミネラルとた養素をバランス良く含んだ食事を時間をかけて摂る
・腸内環境を整えるため、発酵食品など善玉菌を多く含む食品を積極的に摂る

●ウォーキング

歩くことはストレス解消に繋がったり、気分を明るくする効果が期待できます。
また、歩くことは、脳内で働く神経伝達物質のひとつである「エンドルフィン」の分泌が高まります。
エンドルフィンは、ストレスへの耐性にも効果が期待できるといわれています。
まずは、30分ほど大股でウォーキングすることから始めてみましょう。

●深呼吸をする

深呼吸は、副交感神経を刺激し、交感神経優位の身体をリラックスした状態に変えることが期待できます。
そのため、1日数回、深呼吸をして自律神経のバランスを整えましょう。

また、深呼吸をする時に、お腹を意識して腹式呼吸をおこなうと、肩の力が抜けてリラックスした状態をつくりだすことができます。

世田谷総合鍼灸整骨院
【自律神経失調症】アプローチ法

当院では自律神経失調症に対して、「鍼治療」をメインにおこない、症状の改善を目指しています。
治療ポイントとなるのは、特に首から背中にかけての交感神経分布網です。

当院ではその背骨際のツボに「鍼治療」を施し、神経興奮を抑える通電をおこなうことにより、自律神経のバランスを整え不調を改善していきます。

また、胸椎(背骨)が可動を失っていることが原因の場合は、背骨の動きをだす「背骨矯正整体」をおこない血行改善を目指します。
この治療を行うと血行促進されるのを体感いただけるかと思います。

自律神経失調症でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

著者 Writer

著者画像
島崎 建(シマザキ タテル)
生年月日:1989年2月23日
血液型:B型
出身:横浜市青葉区
趣味:ゴルフ

多くの患者様に鍼治療の素晴らしさを届けるために日々精進しております。

ABOUT US

世田谷総合鍼灸・整骨院

9:00~
12:00
15:00~
22:00
お電話でのお問い合わせ

03-6676-1555

 
WEB予約24時間受付

アクセス情報

住所

〒154-0023
東京都世田谷区若林1-8-8
デンス河野地下B102

最寄駅

東急田園都市線・東急世田谷線「三軒茶屋駅」から徒歩8分
東急世田谷線「西太子堂駅」・「若林駅」から徒歩6分

駐車場

世田谷通り沿いにパーキングメータ多数あり

WEB予約アイコン

WEB予約

電話予約アイコン

電話予約

アクセスアイコン

アクセス

メニュー

BACK TO TOP